コーヒーを淹れる色々な方法① サードウェーブってこれのことか!

Pocket

コーヒーといっても、淹れ方はいろいろ。

いくつかについて特徴を少し整理してみたいと思います。

誰もがみんな「よく淹れる方法」があって

家にある器具にも限りがあります。

まだ自分の好きな方法がない人は、これを参考にさがしてみてください♪

コーヒーの淹れ方。ざっくり

コーヒーの淹れ方は、大きく分けると

「豆に圧力をかける」ものと「豆に圧力をかけないもの」

 

圧力をかけるものの代表

「エスプレッソ」

エスプレッソは、「一気に短時間で」圧力をかけるイメージです。

どうでもいいかもしれませんが9~12気圧くらいかけます

(私たちが地球にいて、普通にしているときに感じるのはだいたい1気圧です)

時間にして15秒~30秒の間で淹れることができます。

エスプレッソはあまりなじみがない?

タリーズとかスターバックスで飲めるラテ、カプチーノ、カフェモカ

あれはエスプレッソと牛乳の組み合わせです。

あと、アフォガード!

アイスにコーヒーがかかってるデザートですが、これにかけてるのもエスプレッソですよ!

美味しいよね

…エスプレッソ自体はというと、ヨーロッパにいくと飲む機会が急に増えます

特にイタリアやフランスでは、コーヒーのつもりで「 caffe」などと言ってみれば

30cc~60ccの濃厚なエスプレッソが出てきます。

例えばフランスでミルクで割ってほしければ、caffe au laitと言えばいいのです。

カフェオレ・・・おなじみですね。カフェ(caffe=エスプレッソ) と(au)牛乳(lait)です。

 

一方で圧力をかけないものの代表

「ドリップ」や「ハンドドリップ」

「ドリップ」はみなさんなじみがある方法です。

コーヒーの豆の間にお湯を通過させて「したたらせる」方法です。

この淹れ方で淹れたコーヒーは、大抵はブラックコーヒーとして、

人によってミルクを入れたり砂糖を入れたりして飲むものです。

私はエスプレッソに比べて、こちらはかなり奥が深いという気がしています。

 

ここ数年よく聞く

ブルーボトルをはじめとしたサードウェーブコーヒーは

この1杯ずつハンドドリップする

という流行りです

 

そして。

ドリップには結構種類がいろいろあります。

というか「だいぶ」種類があります。

流儀もあると思います。

その詳しいところはまた今度、ということにします。

 

by コーヒーを淹れる人

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です