コーヒー豆には4つの敵がいる。美味しく守れ!

Pocket

みなさん、コーヒー豆をどうやって保存していますか?

私の聞いたことのある方法では
「冷凍庫」「冷蔵庫」「冷暗所」などいろいろ

土地や季節によっても変わるので
基本的なルールを覚えていただくことが一番重要なのです。
そのルールについて少し説明します。

コーヒー豆には「敵」が4ついます

コーヒー豆の敵って何?!

敵というのは、豆を美味しくないものにしてしまうということです。

 

1.酸素

2.湿度

3.光

4.温度

です。

つまり、
「酸素に触れにくくして」
「湿度が高くない状態で」
「光を避けて」
「適切な温度で」
保管すればよい
のです。

 

1.酸素に触れないようには結構簡単です。

ほぼ密封してあげればよい

ここに1つだけ落とし穴があります。
密封は完全にしてはいけません。
なぜなら、コーヒー豆は必ず徐々に劣化し、
その過程で炭酸ガス(二酸化炭素など)を発生します。

売られるときによく使われるのが、袋です。
しかし完全に密封してしまうと、爆発します。
それを防ぐのが「ガス抜きバルブ付」の袋だったりします。
(外からは入らず、中の圧力が高いときだけ一定量外に空気を逃がします)

 

2.湿度は急激な変化を与えずに、高すぎなければOK

よくあるのは、冷凍庫に入れてしまっているケースです。
出して淹れようとしている間に、結露して劣化が進みます。
野菜室のような5℃くらいの環境はOKだと思います。

 

3.光は、紫外線のような自然光にさらさなければよい

最近のおしゃれな雑貨屋さんなどで
コーヒー豆が透明な入れ物(キャニスターとかいったりしますね)の商品が多いですが、

この場合は、窓の光の届かないところで保管することをおすすめします。
そうすれば、見せてオシャレで素敵な保管方法だと思います。

 

4.温度は 2と同じで急激変化をさせずに、高すぎなければOK

日蔭や棚の中(熱くならない棚です。背中が窓に面していて光で棚が温められるようなのはアウトです)、
冷蔵庫の野菜室などならOKです。

 

結論。「見せなくてよいなら、野菜室が手軽な保管場所」です。

「見せるなら、1~4に気を付ければよい」だけです。うちの写真(↑)では 外の光が入らないような場所ですのでガラス(一番右のキャニスタ)でもOKです。

コーヒー豆は鮮度が大事!

なにより、コーヒー豆は保管するにしても、
酸素に触れる環境に出してからは1週間程度で劣化がかなり進みます。
(上記に気を付けていても、です)

 

おススメの賞味期限は、

焙煎してから(購入してから) 豆のままなら10日以内程度

挽いてしまってからはできれば24時間
最低でも3日以内には飲まなければ
それはただの黒い液体+αになってしまいます。

 

しいて言えば、1週間で飲める量を 買うこと!

 

 

以上 豆の保管についてでした。

 

byコーヒーを淹れる人

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です