ツバゴロースター家、初キャンプに行くの巻

Pocket

ツバゴロースター一家キャンプに行って来ました!

1度キャンプ慣れしてるファミリーと一緒に行ったのが去年の冬

家族だけでは初キャンプです

いきなり二泊三日に挑戦!

行ってきたのはペンギン村オートキャンプ場

ペンギン村オートキャンプ場(リンク)

山梨県の朝霧高原

アラレちゃんはいません(何のこと
100サイトはありますが歩いて回れるくらいの広さ

あ、初心者なのでググるたびに知らない言葉がでてきました

今回のキャンプ場は

・オートキャンプ場→車でそのまま入れる

・区画サイト→好きなとこにテントが張れるわけではなく
区切られた場所が指定されてる。

なキャンプ場です。

区画サイトではないのが、フリーサイト
文字通りどこでもオッケーなのですが
初心者過ぎてどこにテント張ったらいいのかも
さっぱりわからないので区画サイトが初心者向けな気がする。

口コミにはサイト狭め、とありましたが
小さいテントに、小さいタープな我が家には十分な広さ

しかも

AC電源付き→コンセントあります

もはやキャンプとは何だろうと思えて来ますが

外でのびのびと過ごす、という点では
快適な方がいいよねという考えになりました。

野営がしたいわけじゃない
外でのんびりオシャレに過ごしたいのだ

1日目

13時チェックイン~

となってましたが、ふらふらと道の駅に行ったりして

15時着

もう人はたくさんいましたが
受付は並ぶことなくスムーズに入れました

お隣さんたちもファミリーで一安心

初心者ファミリー
テントは簡単そう
かつ、流行りのティピー型

コールマンの エクスカーションティピ

テントを建てるとき
ペグは強い子買って行きました

なのに、地面の下に岩があるのかちっとも入らない!

ほとんど打ち込んでから
最後の1本が入っていかず

やり直しました…最初に刺さるか確認必要

(やったのは全部夫だけどね!)

ペグさえ打ち込めば

中に入ってポールを建てるだけ

ほんとにあっという間に建った!

タープは全然流行ってないポールで建てるもの

開くだけなのでこれも簡単に設営完了

大人二人、幼児2人で狭いと思わずに寝られる広さ
真ん中にポールがあるので広々とした感じはないかも

でもティピー型は天井が高い
私(153センチ)なら立てます

このコールマンのティピーは
入り口のとこが立ち上がりがあるので
中のインナーテントと隙間があり、靴を履いたりするのにいい感じ

そうそう、知らなかったのよね
テントにはインナーと、外側のカバーみたいなテントがあって
2重になってて、汚れや結露防いだり
あったかいです。

あとは明るいうちから

ビールを開けて、バーベキュー

パンを持ってったのでカマンベールチーズを焼いてとろとろになったのをつけて食べたり


ご覧ください、おしゃれに撮れなかった写真たちを
初心者なので余裕がありません笑

さて、夜になりました

極寒!!!

焚き火台の火のあったかいこと!
焚き火っていいですね

この焚き火台も買いました
コールマンのファイヤーディスク

 

ちゃぶ台みたいに足開けばできあがり
上の方でバーベキューするのにも使ったし

焚き火ももちろんできる
最初からアルミホイル巻いとくと掃除が楽

今まで使ってたバーベキューコンロってなんだったの?
ってくらい楽

でもアルミホイルがディスクにくっついちゃったけど(悲

スモアもしました
マシュマロ焼いて、チョコと一緒にビスケットでサンド

息子が「もういっかい!!」
って言ったのに感動しました
ほんとに言うんだ!
(スモアの由来が some more! なので)

さらに夜は更けて
冬パジャマに寝袋装備だったけど

ナメてた

毛布と湯たんぽも必要だった
極寒
この冬一番寒かった(もう初夏だ)

 子どもを抱えて朝まで寒さで何度も起きました

娘に4時頃「といれ~」

と言われ出てった時の寒かったこと

子どもたちはそこまで寒くなかったのが幸いでした。

2日目に続く

Pocket

ツバゴロースター家、初キャンプに行くの巻” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です