カフェイン対決、コーヒーvs紅茶

Pocket

コーヒーは目を覚ますために飲まれる方も多いですね。

それは、カフェインが多いからと言われることが多いですが
「実は、紅茶の方がカフェインは多いそうです」
という話を聞いたことがある方もいるかとおもいます。

今日はカフェインの話です。

どっちも正解なんですよ

 

コーヒーと紅茶どっちがカフェインが多いのか

カフェインっていうのは 成分の名前です。

例えば、バナナにはカリウムが多いとか、
ホウレンソウには鉄分が多いとか、
牛乳にはトリプトファンが含まれるとかそういう類のものです。

 

 

上の話で、じゃぁコーヒーと紅茶、どっちがカフェインが多いの?
という質問に関しては、
どちらの答えも、場合によっては正解なのです。

↑カフェインの構造式です(理系っぽい)

ちょっと算数の話になりますが

紅茶の葉っぱには 3%のカフェイン

コーヒー豆はアラビカ種で1%、ロブスタ種で2%くらいといわれています。

(種類についてはまた今度)

 

紅茶はだいたい3~5gくらいで1杯(180cc)
葉の表面を湯を通すだけなのでせいぜい抽出率は50%程度でしょう

コーヒーは8~15gくらいで1杯(180cc)
焙煎して砕いて湯を通すのでほぼ100%抽出されるでしょう

 

つまり 4g×3/100×0.5=0.06gが紅茶のカフェイン

12g×1/100=0.12g(アラビカ種)

12g×2/100=0.24g(ロブスタ種)がコーヒーのカフェイン

 

葉の比較では紅茶のカフェインは多くても
飲み物としてはコーヒーのカフェインの方が多いのです。

同じ100mlなら
コーヒーのカフェインは60mg
紅茶は30mg
(東京都食品安全FAQより)

コーヒーの方が紅茶のカフェインの倍!
コーヒー好きの妊婦さんへブログを書いたけど
紅茶の方がより気軽に飲める感じですね

 

眠い人はカフェインをとると眠気が覚めるなんていいますが
カフェインも摂り過ぎは毒ですのでほどほどにしてくださいね。

ちなみに 私(コーヒー淹れる人)はコーヒーを飲みすぎて
コーヒーを飲んでも眠気は覚めません。
むしろリラックスして眠くなってしまうほうがおおいかも・・・

 

by コーヒーを淹れる人

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です