コーヒー豆の中にあるレアなやつ ピーベリーってどんなもの?

Pocket

ピーベリーって聞いたことありますか?

 

ピーべリーとは、コーヒー豆の種の入り方の特徴のことです。

豆の作りについては こちら で説明しました。

 

ここで出てきた生豆の絵のところをよーーーーーくみてください。

ピーベリーって何?

真ん中に豆が2つ 向かい合わせで入っていると思います。

じつは、ピーベリーというのは ここに1つだけ豆が入っているものを呼びます。

全体の10%以下の収穫量(たしか5%とかだったような)なので希少です。
なんで1つだけのものができるのかは、私は知りません。

百聞は一見に如かず。
写真をとりました。どうぞ。

これがピーベリーです。
丸豆。
まるっとしていて、ぷくっとしていてかわいいですね。

 

こっちが普通の方です。
フラットベリー。平豆。

 

比較するとこういう感じです。
左がピーベリー。
2つ分のふくらみがあります。

 

ピーベリーは本当に希少です。
味はどうかというと、ピーベリーだからといってものすごく風味豊かは、なんともいえません。
ただ、豆の出来方が違うということだけだと私は思っています。

コクが深いものより、フルーティなものが多い印象です。
あくまで私の個人的な経験ですが・・・

 

ピーベリーという名前の豆に出会ったら、飲んでみてください。

新しい発見があるかもしれません。

 

by コーヒーを淹れる人

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です