成長記録。ストレスだった3歳と4歳の子どもの寝かしつけをやめました。

Pocket

子どもが寝たらコーヒー飲もう
そう思って一緒に布団に入ったら朝だった…

みたいな話はよく聞きますが

私、子ども産むまで、子育てタスクの中で
寝かしつけがこんなに辛いとは想像もしていませんでした

赤ちゃんの夜泣きや、昼夜逆転
なんてのは、想像していました。
それはそれで辛かったけど。

今や子どもたちは3歳と4歳

夜泣きしません。

朝まで起きません。

でも大変。

世の中には夕飯食べながら寝ちゃう子もいるのに
眠くてもしっかり食べるよ!
電池切れが見てみたい

そんなわけで我が家寝かしつけをやめてみました!

なぜ子どもの寝かしつけがつらいのか?

赤ちゃんの寝かしつけと幼児の寝かしつけの違い

赤ちゃんは寝方を知らないらしい。
オムツが不快だったり、お腹が空いてても寝れないし。

ていうか、眠くて泣く
眠いなら寝て!?!?

やっと寝たかと思ったら
お腹すいたと起きる・・・

っていう親のストレス
寝不足にもなるので
私はどんどんひどい顔になり

日中も子供にイライラをぶつけていました。

 

それが3歳4歳の幼児だとどうなるか
自分の意思で寝ないのです
眠くない!!らしい

我が家の幼児寝るまで

絵本を読む
ほぼ毎日やってる。
何冊も持ってきちゃうので、
最初から2冊ずつ、等指定しないと親が疲れてしまう。

部屋を暗くしてからも
「ねーねー、あのさ」

「むかーしむかーしして!!」

「といれ!」

「おちゃ!」

喋り続けて

寝るまでに40分~2時間!!

途中から親は無視を決め込み
寝たふりをする。。。

すると

朝まで親も寝てしまう。

朝まで寝てしまうと自分の時間がなくなる

毎日子どもと寝て起きる生活をしていると
自分の時間がなくなります。
想像以上に心が削られて行きます。

毎日終電まで残業していたら心病むでしょ

本も読みたいし

テレビも見たいし

家事もしたいし

夫と会話もしたいし


3歳と4歳寝かしつけをやめました

急に思い立って。

絵本読んで、おやすみのぎゅーをして

部屋からでてきました。

4歳は文句を言いつつも、自分で寝て、朝を迎えました。

3歳は

「といれ」「おちゃ」「あつい」

「いっしょにねたい」

色々言いに部屋から出てきつつも

最終的には寝ました。

3歳が寝るまでに1時間くらいかかったけど

一緒に布団で寝かしつけていても1時間くらい寝ないので

同じですね。

育児放棄かな、少しかわいそうかな

とも思うけれど

子どもたちだけで寝れるようになるのも成長だし
この年齢の育児なんじゃないかな、とも思います

きっとすぐに、一緒にぬくぬくと布団でくるまって

寝かしつけた日々を懐かしく思う・・・

かもしれません

が!

寝かしつけせずに、21時で家事が終わった私は

文字通りのゴールデンタイムを過ごしております

アイスコーヒーおいしー!!!!

寝てる子どもって

親を反省させたり
ただただ可愛く思わせたり
幸せ感じさせてくれるすごい存在

一緒に寝ちゃうと見れないYO!

追記 2020.0502

こちらの記事未だに検索で読んでくれている方がいるみたいで

ありがとうございます。

現在子どもが5歳と6歳なのですが、寝かしつけがどうなってるか記事書いてます↓

「5歳と6歳 寝かしつけしてる?」

Pocket

成長記録。ストレスだった3歳と4歳の子どもの寝かしつけをやめました。” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です